AnotherWay

199万円の借金を1年で返済したマインドセット

From:ゼリコンインタビュアーの今田
(立川のカフェより)

こんにちは。
ゼリコンインタビューの今田です。

あなたもこんな経験、ありませんか?

「仮想通貨に手を出したけど稼げなかった」
「またICOに手を出してしまった」
「今度は転売だ・・・」
「今度はバイナリーオプションだ・・・」
「今度はあのノウハウ…」

「今度こそは…」「今度こそは…」

最近、こんなふうに、
負のスパイラルにはまっている人から
よく相談を受けます。。。

そして最近では、より多くの「挫折者」を
見かけるようになりました。

実際、僕自身も4年ほど前は、
ノウハウコレクターとして溺れ
199万円の借金をしました。

「ツイッターで稼ぐ方法」
という商材を80万円で購入。

「YouTubeで稼ぐ方法」を
48万円で購入。

「アメブロで稼ぐ方法」を
38万円で購入。

「SEOブログで稼ぐ方法」も
33万円で購入。

結局、どれをやっても稼げず、、、

気付けば借金まみれに。

なぜ、こんなことが起きるのか?

奴らは詐欺だったんじゃないか?

「自分のせいじゃない」と、
一生懸命に自己正当化しました。

しかし、中には
実際に成果を出している人が
いたのです・・・。

なぜ、同じノウハウを
扱っているのに稼げる人と
稼げない人がいるのか?

なぜ、自分は「稼げない組」に
いたのか?

ずっと考え、周りを分析した結果、
3つの原因が出てきました。

僕が稼げなかった最大の原因

最初は、この原因について
認めたくはありませんでした。

しかし、たとえ成果が出せるノウハウを
持っていたとしても、これらが原因で
稼げずにいたのです。

もしかしたら、あなたも同じような
体験をしているかもしれません。

では、その原因とは何か?

【原因1】新しいノウハウにすぐ手を出す

これは、人間が最も犯しやすい
心理状態の一つです。

それは、今やっていることで
成果が出る前に、次の美味しそうな
ノウハウに目移りしてしまうことです。

目の前のノウハウを信じることができず、
途中で投げ出してしまうのです。

たと本当に成果が出るノウハウだとしても、
別のノウハウが輝いて見えて、
そっちに移動しちゃうんです。

そして、次々と罠にハマります。

これは、人間の脳の仕組みを理解すると、
面白いことがわかります。

それは、脳の中で発生している
報酬神経が刺激され、どんどん新しい
ノウハウを求めてしまうのです。

新しいノウハウを買う。

物足りなくなる。

新しいノウハウを買う。

物足りなくなる。

これは、ニコチン的作用が
及ぼしている脳の現象でもあります。

こうなったら、もう、おしまいです。

次々とノウハウを購入し、
結果が出る前に、別のものに移る癖が
ついてしまうのです。

これで、当時の僕と同じような
ノウハウコレクターの登場

ちなみに、ノウハウコレクターとは
いろんな稼ぐ方法を知っているにも関わらず、
稼げていない人のことを言います。

僕は4年前、このケースでした。

【原因2】やることが増える一方

次々とノウハウに目が眩んで
しまうので、同時に2つ、3つの
ノウハウをやってしまいます。

すると、どうなるか?

すべてが中途半端になって
何も成し遂げられない人物
作られていきます。

僕は当時、

・ブログで稼ごうとしながら…
・ツイッターでも稼ごうとしながら…
・YouTubeでも稼ごうとしながら…
・音楽でも稼ごうとしていたのです。

言うまでもなく、
そんなのは無理な話。

時間が足りないので
すべてをやりかけにして
中途半端になります。

考えてみればわかることですが、
アメリカとシンガポールに同時に
たどり着くことはできません。

必ず、どちらか一方に到着してから、
次の目的地に移動しなければなりません。

これは、「成果を出す」
ということについても同じなのです。

しかし僕らは、近くにある
「輝いているノウハウ」に目がくらみ
力を分散させてしまうのです。

不可能なことをやろうとして、
一生懸命になって膨大な時間を無駄にしています。

【原因3】燃え尽きる

不可能なことをやろうと
しているにも関わらず、

それに関して気付くことができません。

それでいて、走り続けてしまうので、
どこかで挫折し、意気消沈します。

でも、結局大切なことは、
一つだけに集中することだった。
ということに後から気付くのです。

僕らはわかっているにも関わらず
皆て見ぬふりをします。

どこかでは薄々感づいているんです!

世界的に有名な脳科学者、
マクスウェル博士も言っていました。

「人は一度に一つの
ことしか集中できない」

ピータードラッカーも
次のように言っています。

「成果を出すためには
一点集中しなければならない」

僕は4年前、ブログだけに集中することで、
毎月15万円の自動収入を得ることが
できるようになりました。

(Googleアドセンスを使った
アフィリエイト報酬です)

Googleの検索エンジンを使って
上位表示をするノウハウです。

これは、とても大変でした。

しかし、その経験から
SEOコンサルティングをするようになり、
整体院や美容院のオーナーのお手伝いをし、

20万円〜30万円の契約が
取れるようになり、、、

1枚のページだけで
「20万円支払わせてください!」
と言ってくれる人が現れました。

今では、1社50万円の契約
取れるようになって、自由に仕事をしています。

好きな時間に、好きなカフェで、好きな仕事ができています。

もう、あの頃の惨めな思いは
したくありません。

こうなったのは、こんな不器用な僕でも、
ある「秘訣」を実行したからだと
考えています。

その秘訣とは「一点集中」です。

では、具体的にどうすれば
いいのでしょうか?

コツは、これです。

勇気を持って一つだけに絞る

一つだけに絞れば、
あとは集中して取り組むだけです。

いろんなノウハウに
あっちこっち行っている人に比べれば、
圧倒的に早く成果を出すことが
できるでしょう。

そしてこれは、岡芹さんがいつも
口を酸っぱくして言っていることです。

絞るのは勇気がいりますが、
その見返りは莫大だと信じています。

言うまでもありませんが
やることが2つなら、力も2分割です。

やることが増えれば増えるほど、
力が分散され、成果を出す確率が
減っていきます。

しかし、たった一つの場所に集中し、
耐え続ければ、コンクリートを砕く
花のように綺麗に咲く日がやってきます。

一点集中は奇跡を起こす

あの有名な作曲家、バッハやヘンデル、
ハイドン出さえ、1曲1曲順番に取り組んで
1つを完成させてから次に移りました。

天才でさえ集中が必要なのに
僕ら凡人が「2つ以上取り組む」というのは
傲慢だとは思いませんか?

あなたは何に集中する?

限られた時間の中で、
あなたは何に集中しますか?

もしあなたが、岡芹さんの商品を
購入したことがあるなら、
ぜひ、それに集中して欲しいと
思っています。

なぜなら、岡芹さんが提供する
「BMM」などの商品は、

再現性が高く、マニュアル通りに
取り組めば結果が出るように
なっているからです。

(実際に結果を出す人を
何人も見てきました)

正直に言うと、
情報商材で成果が出るノウハウは、
ほとんどありません。

僕は自分の経験からも
この業界を見てきて思うのは
ほんの1割未満しか「本物」は
存在しないということです。

そして、その本物は
岡芹さんが主催するアナザーウェイや
ゴールデンサークルが提供してくれます。

OVAの学長を勤めていた時代の岡芹さん

↑OVAの学長を勤めていた時代の岡芹さん

岡芹さんは、月収300万円を稼ぐ弟子を
数名輩出した経験。そして、512人の生徒に
そのノウハウを教えていた経験があります。

(僕も1年前からかなりお世話に
なっています。)

岡芹さんは、たった数ヶ月で17億円という
プロジェクトを生んだ実績もあります。

ここまでお客さんのことを考え、
従業員のことを考え、人の立場になって
商品を提供してくれる人は他にいないのでは
ないでしょうか?

僕は、そんな本物の商品を
届けてくれる、このアナザーウェイや
ゴールデンサークルの商品に
一点集中することが、

最大の飛躍の秘訣だと
思っています。

どちらにしても、
絞らなければ成果を出すのは難しい…
ということを忘れないで欲しいと思います。

それではまた。

P.S

著者プロフィール

集客文章研究所 代表 今田覚
Webサイコロジカルオペレーター
Webセールスライター
ゼリコンインタビュアー

P.S.S.ご案内

今回、ゴールデンサークルの
「新年会&特別セミナー」
開催されます。

=============
「新年会&特別セミナー」
東京都六本木付近
2019年1月19日(土)
17:00〜21:00予定
=============

講師は岡芹さんで、
司会は僕、今田が担当します。

岡芹さんはほぼ2年ぶりの
セミナー開催で、これまで50万円の
セミナーを開いていましたが、今回、

ゴールデンサークルのメンバー
であれば、4,500円で参加が可能に
なりました。

稼ぎ方の秘密や、現在販売している
BMMのコツについてもお聞きすることが
できるかもしれません。

内容はまだ秘密ですが、
興味のある方は、この機会にぜひ
下記のLINE@に登録して
ご案内をお待ちください。

↓ ↓ ↓

今すぐLINE@に登録する

関連記事

コメントを残す