AnotherWay

10年以内に日銀が倒産!?

From:岡芹のスタッフの澤
(大阪@心斎橋のスタバより)

今から話すことは、、、

あなたの貯金がすべて
「紙クズ」になってしまう。

という可能性がある、

ショッキングな内容
なっています。

どういうことかと
話しますと、

今後10年の間に、

日銀が倒産する可能性が高い、と。

参議院議員であり、
経済評論家の

藤巻健史さんが、
(ふじまきたけし)
予言しているのです。

日銀は、
民間の銀行じゃないし、

倒産することはなくない?

僕もそう思っていました。

でも実際に、
ドイツでは終戦後に
中央銀行が倒産して

新しく中央銀行ができた

という実話もあるのです。

そして、、、

どうやら日銀は、
引いてはいけない引き金も

引いてしまっているようなのです。

それは、

アベノミクスで実施された
「異次元の量的緩和」
に隠されていると言っています。

この内容は、、、

かなり長くなるので
一度、藤巻さんの話を

ネットで調べてみてください。
「貯金が紙クズ」で

検索すると出てきます。

そして、

重要なのはここから。

もし、
日銀破綻が起きてしまったら

あなたならどうしますか?

藤巻さんの話すとおり
日銀が倒産したら、

僕たちのお金は、
意味をなさなくなってしまいます。

この話、、、

ほんとに、
ゾッとしたんです。

「貯金が紙クズ」

いわば、

極端に言えば

「死」です。

じゃあ今後、

本当の危機が起こった場合
どうすればいいのか?

もっとも手軽な
手段の1つとして、

藤巻さんは、
こう答えてくれています。

「米ドルと仮想通貨に逃げること」

と話してくれています。

想像してみてください。

もし日銀破綻が
明日にでも起こってしまうと

日本経済が、
大パニックになります。

昭和21年に発生した
預金封鎖も、

当時の大蔵大臣が、
突然ラジオで発表して

預金封鎖になってしまったのです。

つまり、、、

お金が引き出せなくなってしまう。

そんな緊急時に、
みんなが逃げるのが

仮想通貨だということ
なのです。

なぜなら、
仮想通貨なら、

スマホさえあれば、
どこでも決済が、
できてしまいますし

ブロックチェーンが
個人の通貨を管理して
くれているからです。

だから、
僕たちができる最善策は、

「仮想通貨に触れておくこと」

これが、
大事なのかもしれません。

金融パニックが
起きた時に焦って

いざ仮想通貨口座を
作ったとしても

本人確認や手続きで
時間を取られますし、

そもそもやり方が
わからない・・・

となることが、

一番、危険なことだと思います。

とはいえ、

「今すぐ仮想通貨を始めろ!」

って言ってるわけでも
ないですし、

日銀が破綻することだって
あくまで予想です。

ですが、

こういうことが
世の中で騒がれている事実を

僕たちは理解して
おかないといけません。

「生死」
関わってくること

なのですから。

なので、、、

小規模でも、
仮想通貨を始めてみて

まずは知識をつけておくことが
大事だと思います。

この話をどう受け止めて
もらっても構いませんが、

あなたにとっての、

いざという時の、
お役に立てれば幸いです。

 

 

P.S.

とは言っても、

仮想通貨に、
手をだすことは怖い。

と思ってる人は少なくありません。

そういう方のために、

こちらの記事で、

「仮想通貨投資の本質」
を理解するべきだ。と

岡芹が話してくれていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

なぜ、テレビにでないボビーがボロ儲けしているのか?仮想通貨の秘密(TBS系テレビ)

関連記事

コメントを残す